スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ


ご無沙汰しております。
妊活&不妊治療の記録として始めたこのブログですが、不妊治療を経て妊娠したことが判明してから、書くのをストップしていました。
その後。。。
2016年4月、無事に元気な女の子を出産することができました。
現在は、もう産後6ヶ月です。あっという間。
月日の流れは、本当に早いものですね。
育児は想像以上、聞いていた以上に大変でした。
・・・が、やはりそれ以上に我が子は愛おしく、可愛いものです。
なかなか身ごもれない時は苦難でしたが、不妊治療して授かることができ、本当に良かったと思っています。
そしてお知らせですが、新たにブログをはじめました。
こちらのブログはまだ見て下さっている方がいらっしゃるかわかりませんが、通りすがりの方でも興味のある方でしたら、ご訪問お待ちしています(^^)
>>>新しいブログはこちらから
スポンサーサイト

妊娠した周期を振り返って②


いよいよ2015年も年の瀬。
私が妊娠した時に実践していたことなどを、まとめておきたいと思います。
これでブログも一旦終了の予定です。



【習慣編】

・ヨガ(月2回レッスン&自宅でセルフヨガを時々)

・身体を温める(特に寝る時)


《まとめ》
わ!思い返してみても、気にして実践していた習慣はこのくらいです(^^;
私は結婚する前からヨガをやっていたので、もしかしたら直接的には妊娠とは関係なかったかな。
でもヨガは適度な運動にもなるし、自分を見つめ直したり気持ちを切り替えたりするのには、最高でした。
だから個人的にはやっていて良かったです。


身体を温めることについてですが、夏でも冬でも長期戦で続けていたことは、就寝時の湯たんぽ!
湯たんぽといっても超簡易的なもので、レンジでチンして温めるものを愛用していました。


今回妊娠できた周期は、8月に実施したAIHで暑い時期でしたが、夏でも寝る時に腰の部分に入れて温めながら寝ていました。
あったかいと気分的にもリラックスできるし、夏でもエアコン冷えとかあるので習慣で取り入れていて良かったと思います。


たとえば、こんなやつを使っていましたが。
簡単にレンジで温めることができるのでラクチンでした。
↓ ↓ ↓

レンジでゆたぽん Lサイズ ふわふわカバー付[ゆたぽん 電子レンジタイプ]


感想(17件)





【食事編】

・乳化剤をなるべく控える

・亜麻仁油を積極的に摂る

・葉酸サプリを飲む



《まとめ・乳化剤》
まず乳化剤をなるべく控えることについてですが、これはチョコレート嚢腫対策としてやっていました。
最初にお断りしておきますが、科学的根拠などは多分ありません・・・(^^;


でもね、チョコレート嚢腫が少しずつ大きくなっていくのに恐怖を覚えて、ある時自分の食生活を見直してみたんですよ。
で、乳化剤が入っているものを知らず知らずの内に、たくさん摂っていることに気が付きました。
よく飲んでいたマウントレーニアのコーヒーや、お菓子、アイス、食パン、油にも入っているやつがある!!
なので食品の裏の表示をチェックして、なるべく乳化剤が入ってなくて添加物が少ないものを選ぶように心がけていました。


これを続けていたら、先生から「チョコ少し小さくなっているよ!」と言われたことがあって・・・。
その時は、嬉しかったなぁ。
まぁたまたま偶然かもしれませんが、それから間もなくして妊娠できたので、私としては意識して良かったと思っています。



《まとめ・亜麻仁油》
続いては亜麻仁油!
永作博美さんも妊娠前から亜麻仁油を積極的に取り入れていたとかで、私も妊娠力を上げるきっかけになればいいなぁと思って、摂り始めた油です。


油は太りそうというイメージがありますが、亜麻仁油はコレステロールを含まない良質な油なんです。
良い油を摂ることは、女性ホルモンにも良い影響を与えるそうで、妊娠に限らず子宮内膜症などの疾患にも効果的とされています。


亜麻仁油は大きなスーパーに行かないとあまり売っていないので、私はネットでオーガニックのものを購入していました。
加熱して使うのはNGなので、サラダやパスタにかけたり、そのままスプーンで飲んだりしていました。


有機亜麻仁油(フラックスシードオイル/アマニ油)
亜麻仁油



《まとめ・葉酸》
最後に、葉酸についてです。
葉酸は、妊娠1ヶ月前~妊娠3ヶ月の間に積極的に摂った方が良いと、厚生労働省も推奨しています。
その理由は、母体の葉酸が不足すると、細胞分裂やDNAの形成がうまくいかなくなる可能性があり、胎児が流産・死産となってしまうリスクが高くなったり、先天性異常の確率が高まるとされているからだそうです。


私は今回の妊娠がわかる4ヶ月ほど前に1度妊娠したのですが、その時は残念ながら初期流産となってしまい、とても悲しい思いをしました。
そして、その時期は葉酸は飲んだり飲まなかったりしていて、継続的に摂取してはいませんでした。


初期流産は自然淘汰、仕方がないこと・・・。
そう理解はしているつもりでも、質の良い葉酸をきちんと摂っていたら、もしかしたら変わったのかな?
そんなことも、たくさん頭の中をよぎりました。


なので、変な話ですが願掛けのつもりで、ちゃんとした葉酸を摂ろう!と思ったのがきっかけです。
色々調べて、選んだのはメジャーなベルタ葉酸。
ベルタ葉酸の良いところは、合成ではなく天然型酵母葉酸が100%使用されているところだと思います。


葉酸だけでなく、妊娠中に不足しがちな鉄分やカルシウムも同時に摂ることができるので、バランスが良いです。
また、無添加・無香料でなので安心して飲めるのもポイント高いと思いました。

ベルタ

ただね、ドラッグストアで売ってある他の葉酸と比べたら、値段が高いです(^^;
鉄分も配合されているからか、サプリを飲んだ後に鉄っぽい後味が残ります・・・。
まぁ、ちょっと気になるくらいで、そこまで飲みにくくはありませんが。
でも、そこだけちょっとネックかな。


しかし栄養価が高い葉酸サプリなので、妊娠前の身体にとっても良かったんじゃないかな?と感じています。
私の場合は、飲み始めて無事に妊娠⇒今のところ経過は順調なので、結果論にはなりますが継続して飲んでいて良かったです。


【ベルタ葉酸サプリ】

ベルタ②


長くなってしまいましたが、ここまで読んでいただいた皆さん、どうもありがとうございました。
まとめるのに非常に時間が掛かってしまいましたが、これでこのブログも一旦卒業しようと思います。


赤ちゃん待ち&不妊治療中の皆様の元に、できるだけ早く可愛いbabyがやってきてくれますように。
2016年が皆さんにとって、素晴しい年となりますように。
私ができるのはただ胸の内で祈ることだけですが、辛く悔しい思いの後には必ず嬉しいことがやってくるって、そう信じたいです。

妊娠した周期を振り返って①


遅くなってしまいましたが、妊娠した周期のことを回想しながら書いてみます。


妊活歴は2年以上(うち不妊治療歴は約1年)で、その間に『妊娠しやすくなるように!』と色んなことを試したりチャレンジしたりしてきましたが、結局何が良かったのか・・・?


妊娠した周期は、食べ物やサプリ、生活習慣、冷え取りなどなど。
妊娠する為に、ありとあらゆるものを制限して・・・・・


・・・・・は、いませんでした(^^;
かなり、ゆる~い妊活だったかもしれません。


もちろん、飲んでいたサプリや続けていた習慣もあるんですが。(←これについては、また後ほど紹介できればと思います。)
妊活始めたばかりの頃の方が、全然頑張っていたかな。
まぁでも、あらゆることを妊娠する前から制限してしまっては、ストレスも溜まっちゃうので、そこまで気を張り詰めない方が逆に良いのかもなぁと思います。


そして、ふと振り返ってみて、あることに気付く。


今回の妊娠(AIH7回目)が発覚する前、ちょうど着床する頃だったのですが、バースディ旅行に行っていました。
ちなみに、今年の5月にも妊娠した時も(AIH4回目:この時は残念な結果になってしまいましたが)、主人の実家に泊まりがけで行っていたんですよね。


なので、自分の中で旅行(環境の変化)は、もしかしたら何かのキッカケにはなったのかも知れない・・・と思っています。


私自身が妊娠する前から、引越しをしたり旅行に行った後に、「妊娠しました!」って報告くれる人が多いなぁと思っていました。
ただそんな気がするだけかな?と思っていたら。
リプロ大阪・生殖医療科の松林ドクターが、すっごく納得いく記事を書かれていました。


要約すると、妊娠する為には「ニュートラルな気持ち」が大切なんだそうです。
一体どのようにしたら、ニュートラルな気持ちになれるのか?
具体的には、下記のような事柄が挙げられます。(以下、松林先生のブログから抜粋)


①引っ越し、転勤、転職、転院:他のことで忙しい時
②治療と治療の間、ステップアップ直前:次へ向けて何も考えていない時
③グレードが良くない胚移植の結果待ち:どうせダメだろうと期待していない時
④胚移植したことすら忘れてしまっている時


この事を知って、やっぱり私の妊娠と旅行は関係あったんじゃないかなぁ~と思っています。
先生の記事には「旅行」の文字はないんだけど、私的には旅行もニュートラルの一部です!
しかも旅行に行く時期も結構重要で、排卵する時期~着床する時期が、一番ベストな頃合なんじゃないかなぁと感じています。


もちろんそれだけでなく、他にも色んな事象が絡み合ってうまくいったのだとは思っていますが、今回の妊娠が分かった周期の私の状況や心境は、こんな感じでした。


【治療のこと】
流産後、担当の先生と話し合ってあと残り4回はAIHすると決めていた。
流産前は「妊娠できなかったらどうしよう」とクヨクヨして、悩んだり休んだりもしていたが、その後は回数を決めて挑み、万が一ダメだったらステップアップしようと腹もくくっていたので、以前より迷いやためらいや不安がなかった。
今思い出しても、この時期はとっても前向きだった気がする。



【妊娠した周期のAIH】
旦那さんの精子の状態が過去最悪・・・(^^;
濃縮・洗浄後は運動率90%以上になったものの、オリジナルの数字が悪かったので、なんとなーく期待薄になっていた。
しかも私の卵ちゃんも、チョコのある左からの排卵。
あきらめているワケではなかったけど、実際あんまり期待していなかった。



【旅行について】
私のバースディ旅行でした。行く前から「ここ行きたい、あれ食べたい」と気持ちが舞い上がっていた。
私と旦那さんと愛犬で、部屋付き露店風呂のある宿に泊まり、美味しいご飯を食べ、超リフレッシュ。
授精していれば着床する頃だったので、「誕生日プレゼントで妊娠しているといいなぁ」と笑いながら言い合っていた。
・・・そして、宿に泊まった翌朝の基礎体温が、高温期の2段階上がりをたたき出す。
これがもしかして、俗に言うインプランテーションディップ?と、初めてのことでドキドキしていた。



自分で言うのも変だけど今回の妊娠できた時は、松林先生のおっしゃる「ニュートラルな気持ち」に随分傾いていたんじゃないかな?と思います。


ただし、私の場合はチョコ持ち&妊娠時の旦那さんのオリジナルの精子の所見があまり良くなかったことから見ても、治療ありきの妊娠だったと思っています。


自力でタイミング取って、ニュートラルな気持ちになっていても、多分難しかったのかなぁと・・・(^^;
なので、変な言い方かもしれませんが、AIH7回やって良かったです。
7回目で授かれたことは、ラッキーだったとも思います。


松林先生のブログには、かなり有力な情報がたくさん書かれているので、興味のある方はご覧になってみて下さいね。
松林先生のブログ/ニュートラルな気持ちへの持っていき方


| あずきの子宝ネットホーム | 次ページ

▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。